【宿泊記ブログ】うめや旅館(小野川温泉)は冷え性に最適な源泉かけ流しの宿(東北山形)

うめや旅館外観源泉掛け流し温泉♨️と上質ビジネスホテル

小野川温泉(山形県米沢市)で素敵な宿をお探しではないですか?

  • 泉質が抜群な温泉に入りたい
  • 体の芯から温まるお湯に入りたい
  • 美肌成分の多いお湯に入りたい
  • 湯治目的で静かに過ごしたい
  • なるべく安く泊まりたい

そんなあなたにおすすめなのが、今回ご紹介する「うめや旅館」です。

小野川温泉は、すべての旅館が源泉かけ流しで、とても温まるお湯なのですが、うめや旅館のお風呂は「特濃泉質」と呼ばれる、県内トップレベルの温泉成分に恵まれた特に濃い温泉だそう。

こじんまりとしていますが、心温まるサービスで、とても静かに、ゆっくりと過ごすことができました。

泉質の良いお湯に入って、ゆっくりと体を休めたい人に最適です。

そんなうめやさんに泊まってみた感想・口コミについて、ブログにしましたので、ぜひ最後までお読みください。

♨️この記事を書いた人♨️
・東北(宮城・山形)の穴場温泉に月1度以上湯治している
・加水・循環は避け、源泉かけ流しにこだわる
・ペーパードライバーの為、電車・バスで行ける温泉に限定
・冷え性・肩こり・腰痛持ち

 

【5つの感動】うめや旅館のココがよかった!(口コミ・評判)

うめやさんには日帰り入浴でお世話になっていたのですが、今回はじめて泊まってみました。

結果、泊まって大満足でした😀

その理由は5つあります!

【温泉】お風呂の泉質が抜群

一つ目はなんといっても温泉の泉質(成分)が素晴らしいことです。

小野川温泉は、

・体の芯から温まる
・美肌成分が豊富

ことで有名です。

温泉にはミネラル分が豊富に含まれ、体の芯まで温まります。

お風呂からあがった後、体がずっとポカポカしていました。

いろいろな温泉にお世話になりましたが、こんなにポカポカが長続きしたのは初めてです。

また、pH7.2の中性(肌に優しい)で、化粧水にも使用されている「メタケイ酸」を多く含む美肌の温泉です。(あの小野小町が発見したといわれています)

メタケイ酸は、化粧品やしっとり系入浴剤にも使われている成分で、肌の保湿&シワ防止作用があります。

一般的に50mg以上含まれていたら美肌効果が期待できるらしいですが、小野川温泉はその4〜5倍程度含まれているそうです。

そんな小野川温泉ですが、小野川温泉には2種類の源泉があり、 それぞれ温度や成分が異なります。

  • 温泉成分が濃厚な4号源泉(約80度)
  • 温泉成分が少し濃い5号源泉(約35度) 

他の旅館では4号源泉+5号源泉をミックスした形で提供されているようですが、うめやさんは特濃泉質の4号源泉のみを、源泉かけ流し100%(循環・加温・加水なし)にて提供されています。

よって、風呂の温度は結構熱いですが、慣れると気持ちよく、芯から温まります。

冷え性の方には特にオススメです。

 

【従業員】温かく優しいサービス

従業員の方々はみな優しく、温かいおもてなしのサービスをしていただきました。

豪華な設備や豪勢なサービスではありませんが、こじんまりと心静かにホッとしたい、そんなサービスをお求めの方には最適かと思います。

おかげさまでゆっくりと心休まる時間を過ごすことができました。

せっかくの温泉なので、気持ちよく過ごしたいもの。

うめやさんはゆったりとした時間が流れています。

そして、ご主人の齊藤さんの優しい山形弁に癒されます。

ちなみに齊藤さんは、小野川温泉旅館組合の組合長だそう。

エガちゃんねる(江頭さんのYouTube)で小野川温泉が紹介された回で、サンシャイン池崎のモノマネをしていました。

いつものおだやかな感じの齊藤さんとは違って、面白かったです(笑)

 

【設備】部屋がキレイ&冬でも暖かい

お部屋が綺麗なのも素敵でした。

写真で外観を見た時に、失礼ながら「ちょっと古そう」と思ってしまったのですが、実際お部屋に入ると、掃除もキレイにされていて、清潔感がありました。

おかげさまで、安心してゆっくりと過ごすことができました😄

うめや旅館の部屋

また、断熱や暖房設備がしっかりしているのか、真冬は極寒な小野川温泉でも、部屋が寒いと感じることはありませんでした。(オイルヒーターとエアコンがありますが、エアコンは使わず)

※お部屋については、下に詳しく書いています

 

【設備】フリーWi-Fiもある

うめや旅館は「フリーWi-Fi」完備です。

障害に強く信頼性が高い「メッシュWi-Fiシステム」を利用しており、比較的安定的に接続・利用できます。

おこもり作業や温泉リモートワーク(ワーケーション)も問題ないですね。

 

【夕食・朝食】リーズナブルなご飯少なめプランでも十分満足

今回利用したのは「湯ったりプラン」という、ご飯少なめでリーズナブル(一泊11,700円〜)なプランでしたが、ご飯の量はちょうど良い量でした。

温泉で体を休めるには、食べすぎないことも大事です。

食べきれないくらい豪勢なご飯は必要ない、という方にはオススメのプランです。

うめやの旅館のななめ向かいには商店(おみやげ丸田屋)もあり、名物の「温泉たまご」や「玉こんにゃく」なども食べられるので、こちらの余力を残す意味でも、ちょうど良い量のご飯だと思いました。

うめや旅館の夕食

👆夕食

うめや旅館の朝食

👆朝食(お米はおかわり自由)

\5つの感動を味わえる/
うめや旅館に泊まってみる!

 

【お風呂】貸切もある泉質抜群な源泉かけ流し温泉(日帰り入浴も可)

次にお風呂の紹介です。

先ほども書きましたが、うめや旅館のお風呂は、

・体の芯から温まる
・美肌成分が豊富

で、ポカポカがかなり持続&肌すべすべになります。

小野川温泉には2種類の源泉があり、 それぞれ温度や成分が異なります。

  • 温泉成分が濃厚な4号源泉(約80度)
  • 温泉成分が少し濃い5号源泉(約35度) 

他の旅館では4号源泉+5号源泉をミックスした形で提供されているようですが、うめやさんは特濃泉質の4号源泉のみを、源泉かけ流し100%(循環・加温・加水なし)にて提供されています。

お風呂は広々ではなく、また露天風呂もないので、景色や雰囲気を楽しみたい方には向かないかと思いますが、単純に温泉の成分を味わいたい人(湯治)や温まりたい人には最適な温泉だと思います。

9時〜12時の清掃時間以外は入浴可能です。

日帰り入浴もできますので、ぜひお試しください。

うめや旅館の浴場入口

👆1階にある湯処(男湯と女湯は時間入替制)

うめや旅館の貸切風呂の入口

👆奥に貸切風呂(家族風呂)があります。

貸切風呂は予約は必要なく、鍵がかかっていなければ使うことができます。

追加料金もありません。

うめや旅館の貸切風呂

👆貸切風呂(家族風呂)の内部(湯船は2〜3人まで入れそうです)

うめや旅館(小野川温泉)の泉質表示

👆温泉成分の表示です。

【泉質】
含硫黄 / ナトリウム / カルシウム / 塩化物温泉
【効能】
慢性皮膚病・慢性婦人病・きりきず・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症・やけど・虚弱児童・神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進 など
うめや旅館ホームページより引用)

うめや旅館温泉のしくみ

👆温泉の仕組みについて書いてました。

「循環しない」「沸かさない」「水で薄めない」こだわり熱交換システム
熱い源泉が流れるパイプを水の中に通すことで、 パイプから水へ熱が奪われていきます。
この現象を熱交換と言います。
当館は熱交換システムにより、温泉の温度をコントロールしています。
図解のように熱交換をすることで、 源泉の成分を損なわず温度だけを下げることができます。
うめや旅館ホームページより引用)

\冷え性でもマジで温まります/
うめや旅館に泊まってみる!

 

【館内】うめや旅館(小野川温泉)の館内の口コミ・評判

次に館内のご紹介です。

うめや旅館外観

👆うめや旅館の外観です。

ロビーに入ると・・

うめや旅館入口ロビーうめや旅館ロビー

👆ロビーです。靴を脱いでスリッパに履き替えて上がります。

優しい雰囲気のご主人が、温かく迎えてくれます。

うめや旅館フロントのレトロゲーム機

👆レトロなゲームたちもお出迎え

うめや旅階段

👆階段にもレトロなアイテムが・・

うめや旅館選べる浴衣サイズ

👆客室の廊下で好きなサイズの浴衣を選びます。

\レトロな館内/
うめや旅館に泊まってみる!

 

【お部屋】うめや旅館(小野川温泉)の部屋の口コミ・評判

それではお部屋へ!

うめや旅館廊下

👆客室前の廊下。とても静かです。

お部屋に入ります。

今回は和室7.5畳の部屋に泊まりました。

うめや旅館部屋の洗面所

👆ドアを開けると洗面所です。

うめや旅館部屋の玄関

👆洗面所の隣が和室になっています。

うめや旅館の部屋うめや旅館の部屋

👆お部屋の内部です。

こじんまりですが、清潔感があり、2人でもちょうど良い広さでした😀

うめや旅館部屋の給茶器うめや旅館部屋のお茶菓子

👆給茶器です。「逢わせ焼」という甘味のお菓子もありました。

温泉の前にいただきます。

うめや旅館の部屋の暖房

👆窓際にはオイルヒーター的な暖房器具あり。とても暖かいです。

うめや旅館の部屋のエアコン

👆エアコンもありましたが、上の暖房器具のみで十分で、使いませんでした(1月)。

うめや旅館の部屋からの眺めうめや旅館部屋からの景色

👆窓からの景色です。(温泉街側ではないお部屋です)

うめや旅館の部屋の氷柱

👆でっかい氷柱が!

うめや旅館の部屋の浴衣うめや旅館内観(押し入れ)

👆大きめの押し入れあり。浴衣やタオルが置いてあります。

うめや旅館の部屋

👆空気清浄機も嬉しいですね。

うめや旅館の部屋

👆電話はレトロな黒電話。金庫も完備です。

うめや旅館部屋のドライヤー

👆ドライヤーあり

うめや旅館部屋の冷蔵庫

👆冷蔵庫もあり

うめや旅館部屋のトイレ

👆トイレは洋式でウォシュレット完備でした。

ということで、とても静かにゆっくりとした時間を過ごすことができました。

日帰りではできない「温泉入って👉部屋で寝て👉温泉入って👉部屋で寝て」の繰り返しを楽しめますよ😄

\綺麗で暖かな部屋/
うめや旅館に泊まってみる!

 

【朝食・夕食】うめや旅館(小野川温泉)のご飯の口コミ・評判

次に夕食や朝食についてです。

今回利用したのは「湯ったりプラン」という、ご飯少なめでリーズナブル(一泊11,700円〜)なプランでしたが、ご飯の量はちょうど良い量でした。

温泉で体を休めるには、食べすぎないことも大事です。

食べきれないくらい豪勢なご飯は必要ない、という方にはオススメです。

小野川温泉には売店もあり、名物の「温泉たまご」や「玉こんにゃく」なども食べられるので、こちらの余力を残す意味でも、ちょうど良い量のご飯だと思いました。

朝食や夕食の時間は選べます。

ご飯ができあがったら、部屋の黒電話に電話がかかってくるシステムです。

うめや旅館の朝食会場

👆1階のご飯会場。1組1部屋での案内だったので、周りを気にせず安心して食べられました。

うめや旅館の夕食

👆夕食です。地元の山形食材の手作りの味がたまりません。量も最適。

追加で地酒なども楽しめます。温泉のあとには最高ですね・・

うめや旅館の朝食うめや旅館の朝食

👆山形の地元のものをふんだんに使った優しい味の朝食でした。

うめや旅館の朝食のご案内

👆朝食の寄せ書きです。

温泉玉子は、旅館の方が毎朝、温泉にひたして作ってくださっているそうです。

ラジウム卵作り体験

👆ラジウム玉子を作る専用の温泉(宿泊者は自分で商店で卵を買って作れます)

小野川温泉の名物なだけあって、とても美味しかったです。

\手作りご飯とラジウム温泉卵/
うめや旅館に泊まってみる!

 

【アクセス】うめや旅館(山形県米沢市小野川温泉)への行き方

小野川温泉までは、JR米沢駅から車(タクシー)で20分、バスで25分程度です。

公共交通機関の場合、JR米沢駅を降りて左に少し行くと、山交バスのバス停があります。

小野川温泉行きのバスに乗って25分程度(590円)です。

東京からは、山形新幹線で米沢駅まで130分。

仙台や山形からは、米沢まで高速バスが出ています。

🔻米沢駅からバスで行く場合の地図(約25分)🔻

バスの時刻表はこちら

米沢駅の牛

👆米沢駅の牛

季節がら、牛さんもマスクしていました。

米沢駅前からバスで揺られること25分、小野川温泉に到着。

小野川温泉 小野川温泉

今年は今まで来た中でも特に雪がすごいと感じました。。

雪どけ水がキレイ。

小野川温泉

公衆浴場前の飲泉所も雪が積もっていました。

小野川温泉マップ

👆温泉むすめもお出迎え。

小野川温泉のバス停を降りて、まっすぐ行くと右側にうめや旅館が見えます。

うめや旅館外観

👆到着です。

🔸小野川温泉 うめや旅館の詳細情報🔸
【住所】山形県米沢市小野川町2494
【TEL】0238-32-2911
【チェックイン時間】15:00〜18:00
【チェックアウト時間】〜10:00
【クレジットカード支払】VISA・Master・JCB、PayPay可
【部屋数】11室(和室10畳・7.5畳・6畳)
【駐車場】15台(その他、旅館組合駐車場も利用可)
【公式ホームページ】こちらより

 

【冷え性の方におすすめ!】湯治するなら、うめや旅館に決まり!

ということで、小野川温泉でリーズナブルに泊まるなら、うめや旅館に決まりです!

一人旅やカップル、夫婦など少人数の旅行にもオススメです。

素朴ですが、心温まる旅館で、ゆったりと温泉湯治♨️はいかがですか?

ぜひ予約をしてみてください!👇

 

小野川温泉でランチ・カフェ・日帰り温泉が楽しめる宿はこちら👇
【日帰り温泉と暖炉のカフェ】宝寿の湯(小野川温泉)で贅沢ほっこり時間(東北・山形)
山形にある「東北のお伊勢様」熊野大社は縁結びのパワースポット⛩
【東北のお伊勢様と境内にあるおしゃれカフェ】熊野大社とichoカフェでほっこり時間
鳴子温泉にある「日本秘湯を守る会」会員宿で現代湯治を堪能👇
【宿泊ブログ】旅館大沼(東鳴子温泉)は8つの源泉掛け流しが楽しめる現代湯治宿
レトロ感が最高!新日本百名湯・日本温泉遺産の源泉掛け流し宿👇
【宿泊ブログ】藤三旅館・白猿の湯でノスタルジー湯治(岩手・花巻・鉛温泉)
【厳選】電車で行ける「源泉かけ流し」の秘湯♨️を集めました👇
源泉かけ流し温泉めぐりブログ
この記事が役に立った!という方はポチッとお願いします👇
タイトルとURLをコピーしました