雪駄ちゃんプロフィール

貴船神社を歩く雪駄

こんにちは雪駄です。

わたしは東京生まれ・東京育ち、3代続く生粋の江戸っ子です。

30歳近くまで東京に住んでいましたが、会社の転勤で東北・関西等を転々としています。

東京が大好きで「絶対東京から出たくない!」と思っていましたが、今は地方都市の魅力に気づき、逆に東京に戻りたいとは思わなくなりました。

色々な場所に住むことができたこと、その土地土地の良さを楽しめていることは、今の会社にとても感謝です。

ただ、これからも「会社に住む場所を決められる人生」ではなく、場所の自由を得るため、ベーシックインカムづくりとして、投資やブログをはじめました。

会社の外でも誰かの役に立ち、会社の収入だけに依存しない生活を必ず確立させます。

 

とてもディフェンシブな性格

「突発の事態が苦手!アドリブ無理!事前に準備して余裕を持ってコトにのぞみたい!」

怖がりなのか、わたしは昔からこんな性格でした。

未来を想定してそなえ、余裕を持つことをいつも実践していました。

「そなえよつねに」

ボーイスカウトのモットーですが、自分にはこの言葉を胸に生きています。

常に備えているおかげなのか、余裕ができることで、心豊かに安定した毎日を過ごすことができています。

非常時にも落ち着いて行動することができ、自分の意見や考えを曲げずに貫くこともできます。

日本はこれから人口減少によって、経済規模は縮小し、ますます貧しくなっていくと言われています。

そのような状況の中で、一人ひとりが心豊かで安定した生活を営むためには、

マネーリテラシーを中心に「スマートに生きる知恵」を身につけ、生活に余裕を持つことが大事ではないかと考えております。

そのためにも、わたしが実践してきたことがヒントになり、読んでくださった方が少しでも豊かな毎日を過ごされるようになれば、この上ない喜びです。

そなえよつねにエピソード

①会社に依存せず生きていけるよう備える

ある程度のお金があれば、会社に依存せずに生きていけます。

私は、好きな場所で働くための「場所の自由」と、給料に縛られずに働く場所を選べる「仕事の自由」を得るべく、副業をはじめました。

転勤族である私は、独身の頃はいろいろな場所をまわれて楽しかったのですが、結婚してからは妻が会社を辞めなければいけなかったり、意に沿わない場所で働くのが嫌になりました。

共働きがデフォルトの現代において、転勤制度は昭和の考えです。

住む場所まで会社に依存しなければならない人生は嫌なので、ベーシックインカム(不労所得)をつくるため、2つの投資をはじめました。

  1. 自分の知識やスキルに投資する「自己投資」
  2. お金に働いてもらう「金融投資」

どちらも並行し実施することで、複利の効果をより高められると信じています。

自己投資(知識投資)が最強の投資である

自分の知識やスキルに投資することは最強の投資だと思います。

だって暴落することもないし、誰からも奪われるリスクもないですよね?

稼いだお金は、自分の将来のためにつかうことで、思わぬ道が開けます。

私がやってきたことは以下の通りです。

  • 大学時代から資格取得を重ねる
 【保有資格】
・行政書士(合格率最低の2005年(2.62%)に合格)
・建設業経理士1級
・日商簿記2級
・1級小型船舶免許
・英検準2級
・法学検定2級
・ビジネス実務法務検定3級
・スペイン語検定6級
金融投資もぬかりなく(株式投資・不動産投資)

 

②災害に備える

  • 水や非常食、簡易トイレ、カセットコンロなど防災グッズを充実させる
  • 災害マップや高度を見ながら災害リスクの少ない場所に住む

 

③病気・ストレスに備える

 

【号外】突然の腹痛に備える

  • 閉鎖空間(通勤電車など)に入ると、緊張でお腹がゆるくなるので、トイレに行く時間を30分確保すべく早めに家を出る
  • 綺麗なトイレを探しておき、最悪途中下車しても駆けこめるスポットを見つけマップ化

 

「人と同じ」が好きではない。

幼少期は個性的な性格でした。

自分の興味があることは、他の誰かに何を言われようとやり通した経験があります。

  • 小学校4年生の自由研究で「競馬(東西トレセンの調教方法の違い)」について研究する
  • 中学3年生の学芸会の演劇で、他のクラスが出来合いの劇をやる中、自分が脚本・演出を手がけオリジナルの爆笑劇を作り上げる(どうやって中学生の興味を惹きつけるか、をとことん考える)

「人と同じ」「ありきたり」が好きではない性格なのかもしれません。

自分らしさをとことん追求します。

 

人生の転機は植松努さんの講演会

私は30歳までは趣味に生きるごく普通のサラリーマンでした。

週末を楽しむために、いかに平日を乗り越えるか、それだけを考えて過ごしていました。

しかし30歳のとき、妻のススメで植松努さん(株式会社植松電機社長)の講演に感銘を受け、人生が一転。

消費する(=お金で何かを買う)だけの人生」

よりも

生産する(=自分で作り出す、作り出せる能力を身につける)人生」

の方が、自分でできることが増え、大きな幸せを感じるのではないか?

と考え、自己投資(読書・スクール・資格取得など)やライティングにチャレンジすることを決意。

植松努さんのおすすめトーク「思うは招く」(TED✖︎Sapporo)※550万回再生

 

わたしのストレングス(強み)上位5つ

話題のストレングスファインダーを受けてみた結果(私の強み・特徴)は以下の通りです。

①親密性

他人との緊密な関係を楽しむ。

目標達成の為に友人と努力することから大きな満足感を得る。

②最上志向

強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を追求する。

強みを最高レベルのものに変えようとする。

コーチングやマネジメントなど、人の成功を助ける職務が向いている。

③規律性

日課や秩序正しい計画に従うことを好む。

本能的に、自分の環境を整理整頓された秩序ある状態に保つことを求める。

反復作業を扱う為の分かりやすいプロセスを作成することに楽しみを感じる。

整理整頓に苦労する人を支援する為の枠組みを提供できる。

正確さが長所であり、精査する仕事が向いている。

効率性を高めることも特質。

④学習欲

学習意欲が旺盛で常に向上を望む。

個人で特定の知識やスキルをつけることに没頭する。

⑤調和性

意見の一致を求める。

衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探る。

 

これからの人生、こう生きたい

・「なんのため」にやるのかを意識する
・相手の立場に立って考える
・「見えないもの(形ないもの)」にフォーカスする
・生きた(良い)お金の使い方をする
・ワクワクすることに突き進む

私が幸せを感じる「ありたい姿」

  • 常に「自由」で、なにごとも自分で考えて選択できる存在でありたい
  • 常に「余裕」をもって、マイペースに生きていきたい
  • 「素直」に生きたい
  • 「今」を生きたい
  • 自分の使命(責務)を全うしたい

私の使命(充実感をもった生き方)

  • 自分が得意なこと(書く・計画する・学ぶ)で人に喜ばれること
  • 自分の好きな「良いもの」を広めて、Win-Winの関係を拡げること
  • 日本古来の「和の文化」を体現し、感動を伝えること

 

その他、雪駄のコト

 

 

「合気道的」心豊かな人生を送る秘訣や、日常で想うことについてnoteに書いています👇

タイトルとURLをコピーしました